ガラス修理をするなら確認してみよう。

学校にオススメなガラスはどんなガラス?

学校に適したガラスとはどのようなガラスでしょうか?特徴を持っているガラスをまとめてみたので、ガラス修理を行なう際に確認してみましょう。用途にあったガラスを使用するとガラス被害のリスクを減らすことが出来ます。ガラスの特徴について足りない部分がある場合は、専門のガラス修理業者に相談や確認をするということも忘れないでおきましょう。

合わせガラス
2枚のガラスを中間膜という特殊な膜で圧縮させて接着したガラスです。ガラスとガラスの間に中間膜があることで、ガラスが割れた場合でもガラス片が飛散しません。中間膜が強力な為、割れても貫通しにくい作りになっています。
強化ガラス
一般的なガラスに比べ3~5倍の強度があるガラスです。もし割れた場合でも、ガラス片が細かい粒状になるのでガラス片が人に刺さるといった大きなけがをするリスクが低くなります。割れても安全なガラスと言われています。
強化合わせガラス
2枚の強化ガラスを「合わせガラス」のように加工したガラスです。強度がより強くなり、もし割れたとしてもガラス片が飛散しにくいという特徴を持っています。

上記のように、様々な特徴を持ったガラスがあります。どのような場所に使用したいのかを考えてガラス交換を行なえば、ガラスが割れた際の被害を軽減してくれます。学校のガラスが割れたときは、その場所に適したガラスに交換出来るよう検討し、生徒や教師が安全な学校生活を送れるように工夫してみるとよいでしょう。

TOPボタン